USAGE

elganaとCisco Webex Meetingsを
連携する方法

2022/03/23

「プロジェクトメンバーでWeb会議がしたい!」
「グループ通話するためにわざわざ他のツールに移動するのが面倒・・elganaだけで済ませられない?」

elganaを利用していて、このように感じたことはありませんか?
Web会議が決まったらWeb会議ツールに移動してURLを発行し、elganaのトークルームでメンバーに送信する・・少しもどかしさを感じますよね。

「elganaからワンタッチでWEB会議用URLの発行ができたらいいのに!」

elganaとCisco Webex Meetingsを連携させることで、このもどかしさを解消することができます。

※Cisco Webex Meetingsの有償プランをご契約されていることが前提です。

連携の手順はこちら。

  • ①システム管理サイトでCisco Webex Meetingsとの連携を許可する
  • ②ユーザーの端末でCisco Webex Meetingsと連携させる

簡単な2ステップで、毎日の作業効率をUPさせることができます。
この記事ではelganaとCisco Webex Meetingsの連携からWEB会議の設定方法まで、余すことなくご紹介していきます。

目次

elganaとCisco Webex Meetingsを連携させるメリットは?

冒頭でも触れましたが、まずはelganaとCisco Webex Meetingsを連携させるメリットをもう少し詳しくご紹介します。

「結局WebexでURLを発行するんだよね?elganaと連携させる必要ある・・?」

このように感じた方もいるのではないでしょうか。
それではelganaとCisco Webex Meetingsを連携している場合と連携していない場合のURL発行までの手順を比較してみましょう。

まずはelganaとCisco Webex Meetingを連携していない場合から。
Web会議の開催決定から会議用URLの共有までは以下のような手順となります。

  • ①プロジェクトのグループでWeb会議の開催が決定する
  • ②Web会議用ツールを開いてURLを発行する
  • ③発行されたURLをコピーし、elganaのトークルームに貼り付けてメンバーに共有する

Web会議用URLの発行には、日程や時間を入力する必要もあります。
忙しいビジネスシーンでは、急なWeb会議のURL発行ってかなり煩わしく感じませんか?

次にelganaとCisco Webex Meetingを連携している場合の手順を見てみましょう。

  • ①プロジェクトのグループでWeb会議の開催が決定する
  • ②elganaのWeb会議アイコンをクリックする

なんと、これだけで終了してしまいます。
Web会議アイコンをクリックすると自動的にCisco Webex MeetingからURLが払い出されるので、日程や時間の入力は不要です。
また、URLが払い出されるのと同時にトークルームにもURLが送信されるので、メンバーへの共有までワンクリックで完結します。

Web会議用URLの発行は、端末にCisco Webex Meetingを連携させているユーザーであれば誰でも可能です。
なお、URLを払い出す会議の主催者がCisco Webex Meetingの有償プランを契約していれば、会議に参加するメンバーは有償プランを契約している必要はありません。

例えばパートナー企業のプロジェクトメンバーが有償プランを契約されていなくても、問題なくWeb会議に参加することができます。

※elganaでURLを発行すると、発行した時刻から1時間のWeb会議が自動的に払い出されます。会議予定時刻の1時間を過ぎた場合も、Web会議への参加は可能です。
Web会議の日時指定ができませんので、同一のアカウントで予約が重複していないかご注意ください。

システム管理サイトでCisco Webex Meetingsとの連携を許可する

まずは管理者がシステム管理サイトで連携の許可設定をする必要があります。
さっそくシステム管理サイトにアクセスしましょう。

システム管理サイトへのアクセス方法をお忘れの方はこちら

システム管理サイト画面上部にある「設定」をクリックし、「システム設定」タブを選択します。

システム設定画面下部の「編集」をクリックします。

これで設定を変更できるようになります。
「連携」項目にある「Web会議アプリ設定(Cisco Webex Meetings)」を「許可」してから「保存」をクリックしましょう。

これでelganaとWebexの連携が許可されました。
システム設定画面をスクロールして「Web会議アプリ設定(Cisco Webex Meetings)」が「許可」されていることを確認しましょう。

ユーザーの端末でCisco Webex Meetingsと連携させる

【Webアプリ版】

elganaを開き、ホーム画面右上の歯車マークをクリックします。

「連携アプリ」をクリックします。

システム管理サイトで許可されていれば、「Cisco Webex Meetings」が表示されます。
これをオンにしましょう。

この画面が表示されたら、「はい」をクリックします。

Cisco Webex Meetingsに移動するので、赤枠箇所にメールアドレスを入力して「サインイン」をクリックします。
(ここに入力するメールアドレスは、Cisco Webex Meetingsに登録しているメールアドレスです)

次にパスワード入力画面に移動するので、Cisco Webex Meetingsに登録しているパスワードを入力して再度「サインイン」をクリックしましょう。

このような画面が表示されるので、「承認」をクリックします。

「連携操作完了しました」という画面が表示されます。

以上でCisco Webex Meetingsとの連携作業は完了です。

【Androidアプリ/iOSアプリ版】

elganaを開き、画面下部に表示されている「設定」をクリックします。

設定画面に表示される「連携アプリ」にCisco Webex Meetingsが表示されます。
これをオンにしましょう。

上記の画面が表示されたら、「はい」をクリックします。

Cisco Webex Meetingsに移動するので、赤枠箇所にメールアドレスを入力して「サインイン」をクリックします。
(ここに入力するメールアドレスは、Cisco Webex Meetingsに登録しているメールアドレスです)

次にパスワード入力画面に移動するので、Cisco Webex Meetingsに登録しているパスワードを入力して再度「サインイン」をクリックしましょう。

サインインするとこのように表示されるので、「開く」をクリックします。

elganaの設定画面が開かれるので、Cisco Webex Meetingsがオンになっていることを確認しましょう。

これでCisco Webex Meetingsとの連携作業は完了です。

elganaでCisco Webex Meetingsを開催してみよう!

初期設定が完了したら、さっそくelganaでCisco Webex Meetingsを開催してみましょう。

【Webアプリ版】

elganaにログインし、Web会議を開催したいトークルームを開きます。
トークルームの下部に表示されている「+」マークをクリックしましょう。

下記赤枠の「Web会議」アイコンをクリックします。

「Cisco Webex Meetings」をクリックします。

上記の画面が表示されるので、「はい」をクリックします。

これだけでCisco Webex MeetingsからWeb会議用URLが払い出されました。
下記のように、トークルームにWeb会議情報が送信されます。

「ミーティングURL」をクリックするかWebexアプリに「ミーティング番号」を入力することで、トークルームのメンバーはWeb会議に参加することが可能です。

【Androidアプリ/iOSアプリ版】

elganaにログインし、Web会議を開催したいトークルームを開きます。
トークルームの下部に表示されている「+」マークをクリックしましょう。

下記赤枠の「Web会議」アイコンをクリックします。

「Cisco Webex Meetings」をクリックします。

クリックすると下記の画面が表示されるので、「はい」を選択します。

スマートフォンからもCisco Webex MeetingsからWeb会議用URLが払い出されました。
下記のように、トークルームにWeb会議情報が送信されます。

「ミーティングURL」をクリックするかWebexアプリに「ミーティング番号」を入力することで、トークルームのメンバーはWeb会議に参加することが可能です。

まとめ

今回はelganaとCisco Webex Meetingsを連携する方法についてご紹介しました。

elganaとCisco Webex Meetingsを連携することで、トークルームからワンクリックでWeb会議用URLの払い出しとメンバーへのURLの共有が完結します。

まとめると、elganaとCisco Webex Meetingsを連携する手順は下記の通りです。

  • ①システム管理サイトでCisco Webex Meetingsとの連携を許可する
  • ②ユーザーの端末でCisco Webex Meetingsと連携させる

簡単な2ステップで、煩わしいWeb会議設定をスピーディーに完了させましょう。
Cisco Webex Meetingsの有償プランをご契約の方は、ぜひご利用ください。

今後もビジネスシーンに役立つelganaの機能を紹介していきます。ご期待ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  • ※WebexおよびCisco Webex Meetingsは、米国およびその他の国における、Cisco Systems Inc.の商標または登録商標です。
  • ※Androidは、Google LLC.の商標または登録商標です。
  • ※iOSは、Apple Inc.のOS名称です。IOSは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の国における登録商標または商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
便利な使い方一覧

チャチャっと無料で今すぐ始める!

FAQ

料金

料金はかかりますか?
フリープランは無料でご利用いただけます。詳しくは「料金プラン」をご覧ください。
2021年6月までにフリープランにお申し込みいただいた企業様にはベースプランと同等の、導入支援サポートを無償でご提供します。

動作環境

サービスの利用可能時間を教えてください。
24時間365日ご利用可能です。
※サービス維持のため計画停止等を実施する場合がございます。
クラウド型(SaaS)ではなくオンプレミス型で利用することは可能ですか?
できません。
アプリは、Windows(PC)でも使えますか?
PCにつきましては、各種ブラウザにて利用できます。動作確認済みブラウザは「仕様について」をご覧ください。
動作環境を教えてください。
仕様について」をご覧ください。

トーク

グループトークに人数制限はありますか?
制限値は1000です。 対象バージョン:ver1.2~
既読表示はありますか?
あります。トーク作成時に「既読表示の設定」として、以下の3つから選択できます。
・既読表示なし
・既読数表示
・既読数と既読者を表示
ファイルを添付することは可能ですか?
可能です。

■モバイルアプリ
静止画と動画(1分以内)が添付が可能です。静止画は自動的にリサイズされます。


■Webアプリ
画像/動画/その他のファイル形式(管理者が許可したもの)が添付可能です。
ただし、1ファイルあたり10MBまでの制限がございます。
また、拡張子の無いファイルは添付できません。

グループトーク(トークルーム)に保存期限はありますか?
トークルームには保存期限はありませんがメッセージデータは2年間の保存期間を設けています。
そのため、トークルーム内のメッセージは2年経過したものから消去されていきます。

セキュリティー

同じログインID、パスワードで異なる端末でも利用できますか?(マルチデバイス)
可能です。
ただし、異なる端末に同一アカウントでログインした場合、後からログインした端末が有効となり、先にログインしていた端末では強制的にログアウトされます。
2台の端末で同時に、同じログインID、パスワードで利用できますか?(マルチログイン)
2台の端末で同時にお使いいただくことはできません。

異なる端末に同一アカウントでログインした場合、後からログインした端末が有効となり、先にログインしていた端末では強制的にログアウトされます。
ただし、Webアプリとモバイルアプリは同時利用が可能です。
紛失時など遠隔でのデータ消去は可能ですか?
システム管理サイトから端末を「削除」すると、該当端末では強制的にログアウトとなり、アプリ内データを消去できます。

また、管理者がユーザーを削除することで、当該ユーザーでログインしている端末にて強制的にログアウトがなされ、端末内のデータを消去することが可能です。
ログイン認証の仕組みを知りたいです。
ログイン情報として、ご契約の際に設定する「企業ID」と、管理者の登録した「ログインID」「パスワード」が必要となります。
スクリーンショットは禁止できますか?
Android/iOSアプリではスクリーンショットされたことを通知する機能があります。なお、通知のみで禁止することはできません。対象バージョン:ver1.2~
データ暗号化形式について教えてください。
端末-サーバー通信についてAES形式で暗号化を行っています。 また、受信したメッセージや画像はアプリ内データとして保護され、外部からの閲覧を防止します。
ネットワークのセキュリティーはどうなっていますか?
管理Webならびにスマートデバイスともにセンター通信はhttps通信となっています。
データセンターの所在地・セキュリティー対策について教えてください。
当サービスは、ISMS(ISO27001)の認証を取得した国内のNTTグループデータセンターに収容しています。 (詳細な住所などは機密上の理由により、公開していません。)

タスク

各タスクの内容を確認したいです。
システム管理サイトからタスクの実施状況を確認いただけます。
また、各タスクのレポートについてCSV形式でダウンロードすることが可能です。

利用ログ

メッセージログにはデータとして何が含まれていますか?
テキストメッセージ/スタンプ/写真・画像・動画/その他ファイル添付が含まれます。
メッセージログに保存期限はありますか?
メッセージログの保存期間は2年間です。
利用ログの集計や解析はできますか?
利用ログの集計・解析機能はありませんが、各タスクのレポートをCSV形式でダウンロードし、エクセル等で加工して集計や解析を行うことが可能です。
各ユーザーのメッセージ内容を確認したいです。
システム管理サイトから、メッセージログを取得できます。
利用状況を確認したいです。
システム管理サイトにて、以下データをご確認いただけます。

・各ユーザーのメッセージ件数、タスク件数、コンタクト数、更新日時など ・各タスクの詳細(依頼者・担当者・タスク内容・レポートなど)

・また利用ログの集計・解析機能はありませんが、各タスクのレポートをCSV形式でダウンロードし、エクセル等で加工して集計や解析を行うことが可能です。

設定

1ユーザーに紐付けられる組織はいくつまでですか?
組織は5階層まで設定できます。
さらに細かい組織が必要な場合は、繋げて表記するか、「備考」項目をご利用ください。
着信音や通知の設定を変更できますか?
プッシュ通知の通知設定が可能です。 (通知オン/通知オフ/午前7時まで通知オフ)
また、「通知音設定」で通知音の変更が可能です。
ユーザーを一括登録(編集/削除)したいです。
CSVインポートによる一括登録/編集が可能です。 ユーザ情報の変更(既存情報への上書き)、ユーザアカウントの削除も同様の操作で行えます。

◆一括編集
CSVインポートによる一括編集が可能です。 登録済みユーザーのログインIDと一致する場合、パスワード以外の項目について、CSVファイルの内容でユーザー情報が上書きされます。


◆一括削除
CSVインポートによる一括編集が可能です。 登録済みユーザーのログインIDと一致する場合、削除されます。

マイプロフィールは編集できますか?
パスワード、およびプロフィール画像の変更が可能です。
上記以外のプロフィール項目の変更は、管理者がシステム管理サイトにて行ってください。

料金プラン※1

手厚いサポートが付いた「管理者代行」メニューの登場で、ベースプランがさらに充実しました(2021年6月15日)

  • 「elgana」は、ID単位でのシンプルな
    料金体系です。

  • 最低利用期間はございません。
    両プラン共にビジネスチャット機能を
    お気軽にご利用頂けます。

料金

  • 初期費用
    無料
  • 月額料金
    フリープランなら無料
    ベースプランなら330円(税込)/ID
    初月は無料です。※2
プラン種別 フリープラン ベースプラン
(2021.06月時点)
価格(1ID/月) ¥0 ¥330(税込)
基本機能 ID上限 なし なし
グループトーク上限 20グループ/ID なし
ユーザー管理機能
テレワーク 音声通話・会議※3 1対1 1対1
Web会議 Cisco Webexとの
連携による提供
Cisco Webexとの
連携による提供
NeWorkとの
連携による提供
NeWorkとの
連携による提供
ファイル添付
(閲覧可能期間)

(1週間)

(2年間)
セキュリティー デバイス制限
機能利用制限 ◎(詳細設定可能)
サポート サイト(FAQ・事例)
管理者代行 -
  • ※ Cisco Webexは米国およびその他の国におけるCisco Systems, Inc.およびその関連会社の商標です。
  • ※ NeWorkはNTTコミュニケーションズ株式会社の商標です。
  • ※1 ご利用にはインターネット環境が必要となります。アプリのダウンロード、トークや音声通話には通信料が発生する場合があります。
  • ※2 お申し込み月の月末までが無料となります。翌月からは費用が発生します。
  • ※3 ご利用環境(モバイル端末のOSバージョン、端末機種、端末設定など)により通話がつながらない場合があります。

仕様について

動作環境(OS、ブラウザ)※1※2

ユ|ザ|側端末

ユーザー側端末

Android端末でのご利用
(Androidアプリ)
Android 7
Android 8
Android 9
Android 10
Android 11
Android 12
iOS端末でのご利用
(iOSアプリ)
iOS12、iOS13、iOS14、iOS15
PCブラウザでのご利用
(WindowsOS)
Microsoft Edge最新版
Mozilla Firefox最新版
Chrome最新版
PCブラウザでのご利用
(MacOS)
Safari最新版
Mozilla Firefox最新版
Chrome最新版
システム管理サイト
Windows 8.1 / 10
 Mozilla Firefox 最新版
 Microsoft Edge 最新版
 Chrome 最新版
  • ※1 Windows、Internet Explorer、Microsoft Edgeは米国Microsoft.Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
    Mozilla Firefoxは、米国 Mozilla Foundation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
    Android及びGoogle Chromeは、Google LLC.の商標または登録商標です。
    iOSは、Apple Inc.のOS名称です。iOSは、Cisco の米国およびその他の国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
    Safariは、米国ならびにその他の国で登録されたApple Inc.の商標です。
  • ※2 あらゆる環境(利用端末、通信環境等)での動作・性能を保証するものではありません。
    一部端末では機能がご利用いただけない場合もございます。動作の確認にはフリープランをご利用ください。

導入を検討のお客さまは
お気軽にご質問・
ご相談ください

今すぐ相談する