USAGE

elganaにログインする方法

2022/04/11

「elganaにログインできなくなってしまった・・・どうやってログインするんだっけ?」
「頻繁にログアウトしてしまうので、毎回ログイン方法に戸惑ってしまう」

elganaを利用していて、このようなことはありませんか?
elganaではセキュリティーを強化するため、一定時間を経過したら再ログインを要求する仕様となっています。

  • ・Webアプリ版は、無操作時間が60分以上で自動ログアウトされる
  • ・Androidアプリ/iOSアプリ版は、複数端末からログインすると前の端末からはログアウトされる

上記は初期から実装されていますが、さらにセキュリティーを高めたい場合は追加機能を活用することも可能です。

  • ・パスコードロック機能で、一定時間操作がなければパスワード入力を求めることができる(Androidアプリ/iOSアプリ版)
  • ・ビジネスdアカウントを使用すれば、2段階認証を利用できる

この記事ではユーザーの皆様がスムーズにログインしていただけるよう、elganaのログイン方法について丁寧に解説します。
また、「さらにセキュリティーを高めたい!」という管理者様向けに、ログイン時のセキュリティーを高めるための追加機能まで余すことなくご紹介してきます。

目次

どうやってelganaにログインするの?

まず、elganaにログインするために必要な3つの項目について解説します。

スペースID
企業・組織ごとに発行されるIDです。
elgana申し込み時に管理者が設定します。
スペースIDがわからなくなった場合は、管理者に問い合わせましょう。

ログインID
ログインのために発行されるIDです。
ユーザー登録設定時に管理者が設定します。
ログインIDがわからなくなった場合は、管理者に問い合わせましょう。

パスワード
ユーザーごとに設定します。
パスワードはユーザーが自分で設定する場合と、管理者が設定する場合があります。

【ユーザーが自分で設定する場合】
パスワードを忘れた場合は、ご自身で再設定できます。

【管理者が設定する場合】
パスワードが不明な場合は、管理者に問い合わせましょう。

それではelganaのログイン方法を解説していきます。

ユーザーが自分でパスワードを設定する場合

elganaにユーザー登録されると、「elganaの新規アカウントが発行されました」という件名で下記のようなパスワード設定用のメールが送られてきます。
赤枠のリンクをクリックして、ログイン用のパスワードを設定しましょう。

パスワードを設定したら、先ほどのメールをスクロールすると記載されている赤枠の「ログイン情報」を使ってelganaにアクセスできます。

なお、ログイン情報がわからなくなった時のためにこのメールをお気に入り登録しておくと安心です。

【Webアプリ版】

PCからログインする場合、下記赤枠のリンクをクリックします。

リンクをクリックすると、下記のログイン画面が表示されます。

赤枠箇所にメールに記載されていた「スペースID」および「ログインID」、ご自身で設定したパスワードを入力し「ログイン」をクリックします。

無事にログインできると、下記のような画面が表示されます。
トークルームを開いて、他のユーザーとのチャットに参加しましょう。

また、このログインURLをブラウザ上でブックマークしておくと、次回以降ワンクリックでログイン画面にアクセスすることができます。
ここでは、Google Chromeブラウザのブックマーク登録方法を合わせてご紹介します。

Google Chromeブラウザでelganaにログインし、検索ボックス右横の「☆」マークをクリックします。

このような画面が表示されるので、わかりやすい名前を入力して「完了」をクリックします。
これだけでブックマーク登録は完了です。

ブックマークされたURLは、赤枠の「ブックマークバー」に表示されます。

すでにブックマークされているURLが複数ある場合、ブックマークバーに表示されない可能性があります。
表示されていない場合は、ブックマークバー右横の「≫」マークをクリックしましょう。

クリックすると、下記のようにブックマークされたURLが一覧表示されます。
その中に表示されている「elgana」をクリックすると、ログイン画面にアクセスすることができます。

【Androidアプリ/iOSアプリ版】

スマートフォンからelganaにログインする場合は、まずアプリをインストールします。
Androidをご使用の方はGoogle Playストアから、iPhoneをご使用の方はApp Storeからelganaアプリを検索し、インストールしましょう。

インストールしたelganaアプリをクリックすると、下記のようにログイン画面が表示されます。

Webアプリ版と同様に、赤枠箇所にメールに記載されていた「スペースID」および「ログインID」、ご自身で設定したパスワードを入力し「ログイン」をクリックします。

無事にログインできると、下記のような画面が表示されます。
トークルームを開いて、他のユーザーとのチャットに参加しましょう。

なお、スマートフォンの場合はアプリをクリックすると、次回以降もelganaのトークルームにアクセスできます。
再ログインを要求される場合は、「スペースID」「ログインID」「パスワード」を再度入力しましょう。

ユーザーのパスワードを管理者側で設定する場合

elganaでは管理者側でユーザーのログイン用パスワードまで設定することができます。
その場合はelganaからユーザーへのメール通知はありません。
ログイン情報はすべて管理者に確認し、elganaにアクセスしましょう。

【Webアプリ版】

PCからログインする場合は、下記の情報を管理者に確認しましょう。

・ログイン用URL
・スペースID
・ログインID
・パスワード

前項【Webアプリ版】の手順でelganaにアクセスしましょう。
ブラウザのブックマーク登録まで済ませておくと、次回以降のアクセスがスムーズです。

【Androidアプリ/iOSアプリ版】

スマートフォンからログインする場合は、まずアプリをインストールします。
Androidをご使用の方はGoogle Playストアから、iPhoneをご使用の方はApp Storeからelganaアプリを検索し、インストールしましょう。

インストールが済んだら、下記の情報を管理者に確認しましょう。

・スペースID
・ログインID
・パスワード

前項【Androidアプリ/iOSアプリ版】の手順でelganaにアクセスしましょう。
なお、スマートフォンの場合はアプリをクリックすると、次回以降もelganaのトークルームにアクセスできます。

もっとセキュリティーを高めたい!elganaでかなえる不正ログイン対策

冒頭でも触れましたが、不正ログイン対策のため、下記仕様を実装しております。

  • ・ログイン時は「スペースID」「ログインID」「パスワード」を使用する
  • ・Webアプリ版は、無操作時間が60分以上で自動ログアウトされる
  • ・Androidアプリ/iOSアプリ版は、複数端末からログインすると前の端末からはログアウトされる

特別な設定をしなくても、上記のような対策が施されています。

「うちの会社は特に機密性の高い情報を取り扱うので、もっとセキュリティーを高めたい!」

こんな考えをお持ちの管理者様も多いのではないでしょうか。
ここでは「さらにセキュリティーを高めたい」管理者様向けの追加設定をご紹介します。

パスワードの文字数、文字種数を設定する

システム管理サイトからログイン用パスワードの最低文字数と最低文字種数を設定できます。
最低文字数は初期設定で8文字となっていますが、1〜64文字まで設定可能です。

また、最低文字種数も1~4まで設定できます。
設定可能な文字種は「英文字(小文字)」「英文字(大文字)」「数字」「記号」の4種類です。
最低文字種数は初期設定で1となっていますが、2〜4に変更することで、上記4種類の文字種の中から組み合わせてパスワード設定することを義務化できます。

パスワードの文字数、文字種数を変更する方法

システム管理サイトにアクセスし、「設定」>「システム設定」を選択します。
システム設定画面をスクロールし、「編集」をクリックします。

設定編集画面に移動するので、「パスワード最低文字数」と「パスワード最低文字種数」をご希望の数字を入力して「保存」をクリックします。

これでパスワード最低文字数とパスワード最低文字種数が変更されました。
ユーザーがパスワードを設定する際、ここで設定した条件を満たしていないとパスワード設定ができなくなります。

パスコードロック機能をオンにする

スマートフォンでアプリを使用する場合、パスコードロック機能をオンにすることができます。
パスコードロック機能とは、アプリを閉じた際にデバイスにロックをかけてパスコードを要求させる機能です。

アプリを利用する際、毎回下記のようにパスコード入力画面が表示されます。

パスコード入力画面下部にキーボードが表示されるので、ご自身で設定した4桁の数字を入力することでelganaにアクセスできます。

また、お使いの端末に指紋認証機能や顔認証機能を設定している場合はelganaにも自動的に反映されるので、パスコードの入力ではなく端末に設定された方法でアクセスすることも可能です。

なお、パスコードロック機能は、初期設定では「任意」となっています。
システム管理サイトで「必須」に切り替えることで、パスコードの設定を義務化することができます。

パスコードロック機能を「必須」に切り替える方法

システム管理サイトにアクセスし、「設定」>「システム設定」を選択します。
システム設定画面をスクロールし、「編集」をクリックします。

設定編集画面に移動するので、「パスコードロック」の項目を「必須」に変更して「保存」をクリックします。

これでパスコード設定が義務化されました。
ユーザーがアクセスするとパスコード設定画面が表示されるので、4桁の数字を設定するとelganaにログインできます。

ビジネスdアカウントを使って2段階認証する

ビジネスdアカウントとは、NTTドコモ回線を法人契約している場合、ユーザー(従業員)に発行されるIDです。ビジネスdアカウントを所有していると、NTTドコモが提供しているビジネス向けのソリューションに新規でアカウントを開設することなくアクセスすることができます。

elganaも「ビジネスdアカウント」を使用してログインすることができるソリューションの一つです。

ビジネスdアカウントは2段階認証に対応しているので、elganaのログインにビジネスdアカウントを利用することで、2段階認証を使用してelganaにアクセスすることができます。

elganaのログインにビジネスdアカウントを利用するには、システム管理サイトでのユーザー登録時に「アカウント種別」を「ビジネスdアカウント」に切り替えましょう。

【管理者様向け】アカウント種別をビジネスdアカウントに切り替える方法

システム管理サイトにアクセスし、ホーム画面より「新規作成」をクリックします。

ユーザー登録画面に移動するので、「アカウント種別」を「ビジネスdアカウント」に切り替え、「ログインID」にビジネスdアカウントのログインIDを入力します。

この設定をしたユーザーは、ビジネスdアカウントを利用してelganaにログインすることができます。

まとめ

今回はelganaにログインする方法についてご紹介しました。

elganaなら特別な設定をしなくても、不正ログインを防ぐための機能を実装しています。

  • ・ログイン時は「スペースID」「ログインID」「パスワード」を使用する
  • ・Webアプリ版は、無操作時間が60分以上で自動ログアウトされる
  • ・Androidアプリ/iOSアプリ版は、複数端末からログインすると前の端末からはログアウトされる

また、さらにセキュリティーを高めるための下記のような設定も可能です。

  • ・パスワードの文字数、文字種数を変更する
  • ・パスコードロック機能をオンにする
  • ・ビジネスdアカウントを使って2段階認証する

elganaならビジネスチャットでも安全に利用できます。
今後もビジネスシーンに役立つelganaの機能を紹介していきます。ご期待ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  • ※iPhone 及び、iOS、App StoreはApple Inc.のOS名称です。IOSは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の国における登録商標または商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
  • ※Android及びGoogle Chrome、Google Playは、Google LLC.の商標または登録商標です。
  • ※ビジネスdアカウントは、株式会社NTTドコモの商標または登録商標です。
便利な使い方一覧

チャチャっと無料で今すぐ始める!

FAQ

料金

料金はかかりますか?
フリープランは無料でご利用いただけます。詳しくは「料金プラン」をご覧ください。
2021年6月までにフリープランにお申し込みいただいた企業様にはベースプランと同等の、導入支援サポートを無償でご提供します。

動作環境

サービスの利用可能時間を教えてください。
24時間365日ご利用可能です。
※サービス維持のため計画停止等を実施する場合がございます。
クラウド型(SaaS)ではなくオンプレミス型で利用することは可能ですか?
できません。
アプリは、Windows(PC)でも使えますか?
PCにつきましては、各種ブラウザにて利用できます。動作確認済みブラウザは「仕様について」をご覧ください。
動作環境を教えてください。
仕様について」をご覧ください。

トーク

グループトークに人数制限はありますか?
制限値は1000です。 対象バージョン:ver1.2~
既読表示はありますか?
あります。トーク作成時に「既読表示の設定」として、以下の3つから選択できます。
・既読表示なし
・既読数表示
・既読数と既読者を表示
ファイルを添付することは可能ですか?
可能です。

■モバイルアプリ
静止画と動画(1分以内)が添付が可能です。静止画は自動的にリサイズされます。


■Webアプリ
画像/動画/その他のファイル形式(管理者が許可したもの)が添付可能です。
ただし、1ファイルあたり10MBまでの制限がございます。
また、拡張子の無いファイルは添付できません。

グループトーク(トークルーム)に保存期限はありますか?
トークルームには保存期限はありませんがメッセージデータは2年間の保存期間を設けています。
そのため、トークルーム内のメッセージは2年経過したものから消去されていきます。

セキュリティー

同じログインID、パスワードで異なる端末でも利用できますか?(マルチデバイス)
可能です。
ただし、異なる端末に同一アカウントでログインした場合、後からログインした端末が有効となり、先にログインしていた端末では強制的にログアウトされます。
2台の端末で同時に、同じログインID、パスワードで利用できますか?(マルチログイン)
2台の端末で同時にお使いいただくことはできません。

異なる端末に同一アカウントでログインした場合、後からログインした端末が有効となり、先にログインしていた端末では強制的にログアウトされます。
ただし、Webアプリとモバイルアプリは同時利用が可能です。
紛失時など遠隔でのデータ消去は可能ですか?
システム管理サイトから端末を「削除」すると、該当端末では強制的にログアウトとなり、アプリ内データを消去できます。

また、管理者がユーザーを削除することで、当該ユーザーでログインしている端末にて強制的にログアウトがなされ、端末内のデータを消去することが可能です。
ログイン認証の仕組みを知りたいです。
ログイン情報として、ご契約の際に設定する「企業ID」と、管理者の登録した「ログインID」「パスワード」が必要となります。
スクリーンショットは禁止できますか?
Android/iOSアプリではスクリーンショットされたことを通知する機能があります。なお、通知のみで禁止することはできません。対象バージョン:ver1.2~
データ暗号化形式について教えてください。
端末-サーバー通信についてAES形式で暗号化を行っています。 また、受信したメッセージや画像はアプリ内データとして保護され、外部からの閲覧を防止します。
ネットワークのセキュリティーはどうなっていますか?
管理Webならびにスマートデバイスともにセンター通信はhttps通信となっています。
データセンターの所在地・セキュリティー対策について教えてください。
当サービスは、ISMS(ISO27001)の認証を取得した国内のNTTグループデータセンターに収容しています。 (詳細な住所などは機密上の理由により、公開していません。)

タスク

各タスクの内容を確認したいです。
システム管理サイトからタスクの実施状況を確認いただけます。
また、各タスクのレポートについてCSV形式でダウンロードすることが可能です。

利用ログ

メッセージログにはデータとして何が含まれていますか?
テキストメッセージ/スタンプ/写真・画像・動画/その他ファイル添付が含まれます。
メッセージログに保存期限はありますか?
メッセージログの保存期間は2年間です。
利用ログの集計や解析はできますか?
利用ログの集計・解析機能はありませんが、各タスクのレポートをCSV形式でダウンロードし、エクセル等で加工して集計や解析を行うことが可能です。
各ユーザーのメッセージ内容を確認したいです。
システム管理サイトから、メッセージログを取得できます。
利用状況を確認したいです。
システム管理サイトにて、以下データをご確認いただけます。

・各ユーザーのメッセージ件数、タスク件数、コンタクト数、更新日時など ・各タスクの詳細(依頼者・担当者・タスク内容・レポートなど)

・また利用ログの集計・解析機能はありませんが、各タスクのレポートをCSV形式でダウンロードし、エクセル等で加工して集計や解析を行うことが可能です。

設定

1ユーザーに紐付けられる組織はいくつまでですか?
組織は5階層まで設定できます。
さらに細かい組織が必要な場合は、繋げて表記するか、「備考」項目をご利用ください。
着信音や通知の設定を変更できますか?
プッシュ通知の通知設定が可能です。 (通知オン/通知オフ/午前7時まで通知オフ)
また、「通知音設定」で通知音の変更が可能です。
ユーザーを一括登録(編集/削除)したいです。
CSVインポートによる一括登録/編集が可能です。 ユーザ情報の変更(既存情報への上書き)、ユーザアカウントの削除も同様の操作で行えます。

◆一括編集
CSVインポートによる一括編集が可能です。 登録済みユーザーのログインIDと一致する場合、パスワード以外の項目について、CSVファイルの内容でユーザー情報が上書きされます。


◆一括削除
CSVインポートによる一括編集が可能です。 登録済みユーザーのログインIDと一致する場合、削除されます。

マイプロフィールは編集できますか?
パスワード、およびプロフィール画像の変更が可能です。
上記以外のプロフィール項目の変更は、管理者がシステム管理サイトにて行ってください。

料金プラン※1

手厚いサポートが付いた「管理者代行」メニューの登場で、ベースプランがさらに充実しました(2021年6月15日)

  • 「elgana」は、ID単位でのシンプルな
    料金体系です。

  • 最低利用期間はございません。
    両プラン共にビジネスチャット機能を
    お気軽にご利用頂けます。

料金

  • 初期費用
    無料
  • 月額料金
    フリープランなら無料
    ベースプランなら330円(税込)/ID
    初月は無料です。※2
プラン種別 フリープラン ベースプラン
(2021.06月時点)
価格(1ID/月) ¥0 ¥330(税込)
基本機能 ID上限 なし なし
グループトーク上限 20グループ/ID なし
ユーザー管理機能
テレワーク 音声通話・会議※3 1対1 1対1
Web会議 Cisco Webexとの
連携による提供
Cisco Webexとの
連携による提供
NeWorkとの
連携による提供
NeWorkとの
連携による提供
ファイル添付
(閲覧可能期間)

(1週間)

(2年間)
セキュリティー デバイス制限
機能利用制限 ◎(詳細設定可能)
サポート サイト(FAQ・事例)
管理者代行 -
  • ※ Cisco Webexは米国およびその他の国におけるCisco Systems, Inc.およびその関連会社の商標です。
  • ※ NeWorkはNTTコミュニケーションズ株式会社の商標です。
  • ※1 ご利用にはインターネット環境が必要となります。アプリのダウンロード、トークや音声通話には通信料が発生する場合があります。
  • ※2 お申し込み月の月末までが無料となります。翌月からは費用が発生します。
  • ※3 ご利用環境(モバイル端末のOSバージョン、端末機種、端末設定など)により通話がつながらない場合があります。

仕様について

動作環境(OS、ブラウザ)※1※2

ユ|ザ|側端末

ユーザー側端末

Android端末でのご利用
(Androidアプリ)
Android 7
Android 8
Android 9
Android 10
Android 11
Android 12
iOS端末でのご利用
(iOSアプリ)
iOS12、iOS13、iOS14、iOS15
PCブラウザでのご利用
(WindowsOS)
Microsoft Edge最新版
Mozilla Firefox最新版
Chrome最新版
PCブラウザでのご利用
(MacOS)
Safari最新版
Mozilla Firefox最新版
Chrome最新版
システム管理サイト
Windows 8.1 / 10
 Mozilla Firefox 最新版
 Microsoft Edge 最新版
 Chrome 最新版
  • ※1 Windows、Internet Explorer、Microsoft Edgeは米国Microsoft.Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
    Mozilla Firefoxは、米国 Mozilla Foundation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。
    Android及びGoogle Chromeは、Google LLC.の商標または登録商標です。
    iOSは、Apple Inc.のOS名称です。iOSは、Cisco の米国およびその他の国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
    Safariは、米国ならびにその他の国で登録されたApple Inc.の商標です。
  • ※2 あらゆる環境(利用端末、通信環境等)での動作・性能を保証するものではありません。
    一部端末では機能がご利用いただけない場合もございます。動作の確認にはフリープランをご利用ください。

導入を検討のお客さまは
お気軽にご質問・
ご相談ください

今すぐ相談する